Cafe気ままニュース

まとめブログを運営しています。
主に2chを使っての芸能ニュース・話題なネタ・気になった事を日々更新していきますのでよろしくお願いします。

    カテゴリ:芸能関係 > お笑い芸人


    羽生 ずれない(はにゅう ゆずれない、1995年2月25日 - )は、北海道苫小牧市出身のものまねタレント。ザゼンプロダクション所属。「羽生 ゆづれない」は誤表記。 本名は相木 健太(あいき けんた)。駒澤大学附属苫小牧高等学校を2013年3月に卒業後、同年4月に明治大学政治経済学部に入学。
    8キロバイト (783 語) - 2019年2月16日 (土) 16:44



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 Egg ★ :2019/02/16(土) 23:31:52.22 ID:+AVtgYGb9.net

    フィギュアスケート・羽生結弦のものまねタレント、羽生ゆずれないが16日、公式ツイッター、インスタグラムで改名することを発表した。新芸名はSNSなどで一般公募するという。

     ゆずれないは昨年12月13日発売の週刊文春で、『小塚崇彦 “羽生芸人”と女性ホテル連れ込み』との見だしで、元フィギュアスケート選手の小塚崇彦とホテルで美女2人と過ごしたことが報じられた。報道直前には小塚と妻で元フジテレビアナウンサーの大島由香里と離婚に向けて話し合いをしていることが明らかになっていた。

     ゆずれないのツイッターの更新は「記事に書かれているような女性との関係など事実無根」と報道について説明した昨年12月12日以来、2カ月ぶり。「お久しぶりです!しばらく放置していて申し訳ありませんでした!色々と考えた結果ですのでよろしくお願いします!」と久々の更新を詫び、改名を発表した。

     所属事務所からの説明文も添付されており、「本人、事務所サイドでこの数ヶ月間、幾度となく話し合いを重ね」た上での改名とした。

     芸名は16日から24日まで、事務所とゆずれないのSNSで公募する。

     小塚との夜遊び報道を受け、ゆずれないのコメント欄には「名前変更して下さい」「むかつく」「芸名を変えてください」などと、不名誉な件で“羽生”の名前が取り上げられることに怒りのコメントが日本語、中国語、英語などで殺到し、炎上していた。

    2/16(土) 23:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000145-dal-ent

    写真
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/02/16/0012072220.shtml?ph=1


    【【羽生ゆずれない】⇨改名を発表!新芸名はSNSで募集‼】の続きを読む


    堤下 敦(つつみした あつし、1977年9月9日 - )は、日本のお笑いタレント。インパルスのツッコミ担当。相方は板倉俊之。 神奈川県横浜市神奈川区出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。東京NSC4期生。身長174cm、体重80kg。 実家は鉄工所。中学・高校時代はいずれも野球部に所属し
    15キロバイト (1,608 語) - 2019年2月15日 (金) 05:09



    (出典 i.ytimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/16(土) 12:06:41.53 ID:EWjmHvC+9.net

    謹慎から復活したお笑いコンビ『インパルス』の堤下敦に、全く仕事が舞い込んでこない。本人は助けを求めているが、「自業自得だ」とあざ笑う声ばかり聞こえてくる。

    2017年に追突事故を連続で起こし、昨年10月まで謹慎していた堤下。その間は相方の板倉俊之が“闇キャラ”で孤軍奮闘していたが、堤下復活後もコンビで活躍する様子はない。
    2月12日には、堤下はブログで《もしよろしかったら、何でもいいので何かお仕事いただけたらなと、思っております。助けてくれー》と仕事を懇願していた。

    「堤下はもともと業界内で評判が最悪でした。態度が悪かったので、これを機に二度と起用しないと固く決意しているテレビマンも多いようですよ。
    また、彼に関しては同業者も全然同情していないというヒドイありさまです」(番組制作会社関係者)

    堤下のクズエピソードで有名なのは、『森三中』黒沢かずこをイジメていたもの。
    森三中の大島美幸によると、堤下は黒沢に「お前、面白くねえんだよ」と後ろからつぶやいたり、カメラから見えなくなるように遮ったりしていたそう。
    テレビ番組の生放送で、大島は「あいつは女の腐ったような最悪な奴」とブチ切れしていた。

    四方から嫌われ帰る場所もない

    「堤下はネット配信サービス『ツイキャス』で一般女性に恫喝や暴言を吐いていたこともあります。
    女性にも高圧的でキレやすいのは明らか。元カノの土岐田麗子は、昨年に出演した番組で堤下との交際を振り返り、
    『テレビで見ている感じだと、すごく穏やかで優しそうな印象だったんですけど、付き合ってみたら…難しかった』とコメント。
    堤下の性格に難があったことをニオわせています」(芸能記者)

    後輩芸人の『平成ノブシコブシ』徳井健太も、以前ラジオ番組で堤下を嫌っている後輩が多いと明かしていた。

    「芸人からも嫌われ、テレビスタッフからも嫌われている堤下。
    しかも中堅ツッコミ芸人は『千鳥』ノブ、『フットボールアワー』後藤輝基、『南海キャンディーズ』山里良太など層が厚いので、堤下の復活はハッキリ言って無理でしょう。
    そもそも堤下のツッコミは、パワハラで高圧的なため、今の時代にそぐいません」(テレビ局AD)

    絶体絶命の堤下だが、まさに自業自得でしかない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1694543/
    2019.02.16 11:03 まいじつ


    【【インパルス堤下】⇨自業自得で同上ゼロ‼ 仕事のオファーなし】の続きを読む

    このページのトップヘ