Cafe気ままニュース

まとめブログを運営しています。
主に2chを使っての芸能ニュース・話題なネタ・気になった事を日々更新していきますのでよろしくお願いします。

    カテゴリ:芸能関係 > モデル・アイドル


    ダレノガレ 明美ダレノガレ あけみ、1990年7月16日 - ) は、ブラジル生まれの日本の女性ファッションモデル、タレント。神奈川県横浜市瀬谷区出身。 1990年、ブラジルサンパウロで生まれ、ブラジル国籍を取得(ブラジル国籍は出生地主義。同国の国籍法では、国籍離脱を認めていない)。また、日本国籍
    19キロバイト (2,408 語) - 2019年4月17日 (水) 15:02



    (出典 grapee.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/04/22(月) 19:02:29.41 ID:ENhlFfuQ9.net

     タレントのダレノガレ明美(28)が22日、インスタグラムを更新し、子犬保護への協力を訴えた。

     ダレノガレは別のアカウントに投稿された複数の子犬の写真を拡散し「4月25日の朝までに助けが必要です! みんなまだ子犬です! 山口県周南健康福祉センターにみんないます!」と記し、命の救済を呼びかけた。

     残る期限はわずか3日。しかも、まずは自身の行動が率先される状況も、それについての言及はない。

     それでも「こちらの記事を載せるか迷いましたが、助けたいです! 批判される可能性もありますが、助けたい気持ちのが強いので申し訳ありませんが許してください! こんなに小さな命を私は見捨てたくないです」と続けた。

     批判は覚悟の上として「私が批判されて1匹でも多くの子犬ちゃんが飼い主さんが見つかるなら批判されても全然いいです! 1匹でも多くの子犬ちゃんが幸せな家庭行くことを願う事、拡散してチャンスが来ることを願う事しか私にはできません…動物も人間と同じ! 命があります! 拡散していただけると嬉しいです! よろしくお願いします」と繰り返した。


    2019年04月22日 15時26分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1363275/

    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    【【ダレノガレ明美】子犬保護に悲痛な叫び「こんなに小さな命を私は見捨てたくない」】の続きを読む


    森下 純菜(もりした じゅんな、1975年(昭和50年)9月16日 - )は、日本のアイドル歌手。 愛知県名古屋市生まれ。名古屋芸能学院出身。台北師範大学留学。 1994年1月芸能活動開始。1996年4月CDデビュー。現在の所属事務所はアイドルショット(2003~所属。デビュー当時~2001はアルテミスプロモーション所属)。
    57キロバイト (9,005 語) - 2019年4月16日 (火) 11:36


                  (出典 m.media-amazon.com)



    1 muffin ★ :2019/04/16(火) 20:24:16.38 ID:gGZhPOr99.net

    https://www.oricon.co.jp/special/52847/
    2019-04-16

    アイドルと言えば“若い”というのが暗黙の了解である。特に女性アイドルにおいてはフレッシュさは大きな武器のひとつだし、年輪を重ねるにつれグループを卒業し、アーティストや女優を目指すのも一般的だ。そんな中、1996年のメジャーデビュー以来、一度も卒業することなくアイドルを続けているのが森下純菜だ。アイドルにこだわり、アイドルであり続ける理由について聞いた。

    森下純菜がアイドル活動を始めたのは、1994年。まだ10代の頃だった。姉と一緒に応援していたアイドルグループ・CoCoや、水野あおいが、フリフリで可愛い衣装を身にまとってスポットライトを浴びる姿を見て、いつしか自分も憧れるようになったという。「高校生の時に、思い切って憧れの水野さんが所属している事務所に履歴書を送りました」(森下純菜)

     面接から2週間後には、クラブチッタ川崎でのアイドルライブに出演するなど、さまざまなライブやオーディションにエントリーするなど、話はトントン拍子に進んだ。バラエティ番組『夢がMORI MORI』(フジテレビ)のオーディションでも、結果的には選考漏れとなってしまうが、最終選考まで残った。

    そして1996年にCDデビューを果たすが、そこからの道のりは“順風満帆”とは言えないものだった。当時事務所の稼ぎ頭だった水野あおいが2000年頃に引退することになった際、当然、事務所の経営も不振に陥った。また、当時森下は25歳という年齢で、友人たちが結婚を考え始めていた。「みんなが真剣に将来のことを考えているときに、私はこんな感じでいいのかなと、この頃初めて将来の自分について“不安”を感じたんです」

    不安を抱えながらも、大好きな芸能活動を諦めることはできなかった。ただし事務所の方針により、これまでと同じような活動はできなくなっていた。台湾での活動を含む、雑誌のグラビアページやテレビ出演などのタレント活動が主になった期間が2年ほど続いた。
    中略
     その後、事務所を移籍してからは、アイドル歌手の活動一本に専念した。紆余曲折を経て、やはりアイドルを続けることを選んだのは「アイドルをやりたくてやっているという自分の意思があったから。アイドルが好きで、アイドルである自分が大好きだったからに他ならないです」と森下は言う。

    (続きはソースをご覧下さい)

    43歳現役アイドル・森下純菜 超カワイイ撮りおろしショット&ライブ写真フォトギャラリー

    (出典 contents.oricon.co.jp)




    (出典 contents.oricon.co.jp)



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    (出典 contents.oricon.co.jp)






    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【【森下純菜】デビューから23年、43歳になってもアイドルを続ける理由は⁉️】の続きを読む


    が生後1ヶ月の時にポートレートを撮影しており「(Kōki,が)モデルの仕事をすることがあったらファーストショットは自分が撮る」と決めていたという。Koki,はモデルの仕事に5歳のときから憧れていたが、15歳でデビューしようと決めていたわけではなく、「自分の心が“今だ”と言ったから。遅いとも早いとも思
    12キロバイト (1,593 語) - 2019年3月28日 (木) 04:38



    (出典 whoistheone.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/17(水) 13:15:31.22 ID:EmyzPstx9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    4月23日発売のファッション誌『ViVi』(講談社)6月号の表紙について、カバーガールをモデルのKoki,が務めることが判明し、物議を醸している。

    『ViVi』といえば、11日、専属モデルの河北麻友子が同誌を卒業することを発表。
    7年以上も専属モデルを務めていたということもあり、同誌読者からは残念がる声も多く聞かれていた。

    これまで、専属モデルが卒業する際には、卒業モデルがカバーガールとなって単独表紙を飾るというパターンも多く見られていたが、
    河北はこれまで単独表紙を一度も飾ったことがなかったということもあり、雑誌ファンからは河北の単独表紙への期待も集まっていた。
    しかし、蓋を開けてみると、Koki,がカバーガールとして初登場。公式インスタグラムには、
    「新しい時代の幕開けを感じるオーラがすごい」「とにかくとにかく可愛かったのです」と絶賛がつづられていた。

    しかし、これについて雑誌ファンからは、「最後くらいまゆちゃんにしてあげて欲しかった。
    ViViファンとしてなんでって思いがすごいです」「7年間ViViを支えた、河北麻友子のことをなんだと思ってるんですか」「卒業号に卒業モデル起用しないの疑問しかありません」
    「コーキちゃん好きだけど今じゃない。これじゃコーキもかわいそう」「この投稿にも麻友子ちゃんのこと触れてないってどういうこと」といった批判が殺到。『ViVi』公式インスタグラムアカウントが炎上する事態になっている。

    「また、そのほかに聞かれているのは、『芸能人か、専属はハーフのみしか表紙にしない理由はなんですか?』
    『ViVi専属モデルはハーフじゃないと表紙になれない縛りでもあるんですか?』という声。19年に入ってからは藤田ニコル、emma、トリンドル玲奈、玉城ティナ、八木アリサが表紙を務めていますが、
    ネームバリューのあるK?ki,を除き、全員がハーフモデル。ここ数年、『ViVi』単独表紙はハーフモデルが務めている確率が圧倒的に高く、読者の間で溜まっていた鬱憤が爆発してしまったようです」(芸能ライター)

    インスタグラムに寄せられているコメントのほとんどが、表紙が河北ではないことに対する疑問の声。
    “不買”を宣言する声も多く寄せられており、雑誌が売れない今、『ViVi』にとって痛手になってしまうかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16329382/
    2019年4月17日 12時20分 リアルライブ


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【【悲報】Koki⇨河北麻友子の卒業号で『ViVi』の表紙を飾ってしまう】の続きを読む


    藤田 ニコル(ふじた ニコル、Nicole Fujita、1998年2月20日 - )は、日本のファッションモデル、タレント、声優。 ニュージーランド出身。オスカープロモーション所属。第13回ニコラモデルオーディショングランプリ。『ViVi』専属モデル。現在は東京都在住。
    20キロバイト (2,121 語) - 2019年4月6日 (土) 00:37



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 ひかり ★ :2019/04/16(火) 11:42:56.04 ID:RvywTSB+9.net

     モデルでタレントの藤田ニコルさんが4月15日、自身のツイッターを更新。一部ファンの“盗撮”行為に苦言を呈しました。

     藤田さんは「やっぱり盗撮にはなれない」と書き出すと、「スーパースター気分で堂々としてればいいのだけど、ずっとカメラ向けられると縮こまっちゃうし
    沢山目があるみたいでずっと下見ちゃう」とツイート。

     その上で「撮ってる人はカメラずっと向けられた事あるのかな?」とし、「(どうせ芸能人なんだからと、だったら芸能人辞めれば)って言われるのはもう知ってる!」と
    つづりました。

     続けて、「テーマパークとかに関してはたまにガチのカメラで盗撮だし本当にしんどい」と心境を明かしました。

     これに、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんも反応。「芸能人なら勝手に撮っていいだろみたいなのなんなんだろうね」と共感し、藤田さんも「携帯で沢山撮られてても
    私はミッキーマウス様のような神々しい対応はできません。。私は人間です。。」と吐露しています。

     ファンからは「芸能人だから撮っていいなんてことないし普通にダメだよね」「一人の人間なんだから尊重されたいよね」「芸能人にだってプライベートはあるし、
    盗撮をしないでと言う権利はあると思うよ!」などのコメントが多数寄せられています。

    オトナンサー編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190416-00038630-otonans-ent

    (出典 otonanswer.jp)


    【【藤田ニコル】⇨盗撮NG‼びっくりするwww 】の続きを読む


    が生後1ヶ月の時にポートレートを撮影しており「(Kōki,が)モデルの仕事をすることがあったらファーストショットは自分が撮る」と決めていたという。Koki,はモデルの仕事に5歳のときから憧れていたが、15歳でデビューしようと決めていたわけではなく、「自分の心が“今だ”と言ったから。遅いとも早いとも思
    12キロバイト (1,593 語) - 2019年3月28日 (木) 04:38



    (出典 jprime.ismcdn.jp)



    1 ひかり ★ :2019/04/14(日) 12:37:48.14 ID:1F/IUpIz9.net

     モデルのKoki,(oの上には-)さんが4月14日、母親の工藤静香さんの誕生日をInstagramで祝福。愛のこもったメッセージを贈り、
    幼少期の親子ショットなどを公開しています。

     同日に49歳の誕生日を迎えた工藤さんを、「誕生日おめでとうママ。愛する家族のもとに生まれ、すばらしいママを持てたことは、
    とてもありがたく幸運なことだよ」と全文英語で祝福したKoki,さん。「ママが誰になんと言われようと、誰になんと思われようと、
    たくさんの愛と希望で私を育ててくれたことに感謝してるよ」と親子愛を感じさせるメッセージを贈り、「いつも私を支えてくれてありがとう」と
    感謝もつづっていました。

     また日常生活についても、「家族のために毎日おいしい料理を作ってくれてありがとう。ママと結婚できたパパは誰よりも幸せな男性だと思うよ」
    と父親の木村拓哉さんにも触れながら、その後も“Thank you”の文字を多く並べて言葉で表現しきれない感謝の思いを伝えたKoki,さん。
    「愛してるよママ!」と愛の言葉で締められた同投稿には、工藤さんが幼少期のKoki,さんを抱いた親子ショットが添えられており、
    投稿から約1時間で10万いいねを超えるなど大反響を呼んでいます。

     Koki,さんは、木村さんの誕生日である2018年11月13日にもInstagramを更新しており、「ファンキーでカッコいいお父さんの娘に生まれて来れて
    本当に良かった 沢山の愛を込めて」と感謝の言葉とともに祝福。2人の男女が寄り添った逆光の写真をアップしており、
    木村さんとの親子ショットなのではと大きな話題になっていました。

    ねとらぼ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00000021-it_nlab-ent
    幼少期の親子ショット


    【【Koki】⇨母の工藤静香の誕生日に英語で祝福‼「愛してるよママ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ